5月28日に、子育て支援者向け講座「パペットワークショップ」を行いました。講師は「にこにこあおむし人形劇団」代表の もりまさの さん。数年前に、おはなしフェスタで子ども向け人形劇をやっていただいたことがあり、その時も大変好評でした。
1

まずは簡単なパペットの製作。シンプルな材料から、みなさんの自由なアイデアでいろいろな表情の人形ができあがりました。
2
3

実際に人形を使って順番に自己紹介。それぞれが考えた人形のユニークなプロフィールを披露しながら、場が温まりました。
4

グループワークは即興劇。お題は「夕飯のおかず」。すこし難しかったかもしれませんが、みなさん楽しそう!
5

技術的なことも教えていただきました。
・人形を動かすのは話している時だけ
・観客と目を合わせない(人形の後頭部を見て話す。人形の目の位置を覚えておく)
・即興劇では先にオチを決めておくと、途中で迷ってもまとまりやすい
・おはなし会の導入での人形の使い方
など
参加者からは、「基本的なことが学べてよかった」という声をたくさんいただきました。

講師のもりさんは、これまで数多くの公演を経験されてきた方です。子どもたちとのコミュニケーションの取り方や、人形劇だからできることなど、もりさんの人形劇への愛が伝わってくるお話も聞けました。

この先、受講された方がおはなし会などで人形を活用し、「いつもより楽しくなった」と感じていただけたらうれしいです。